絵更新

絵をまとめて更新しました。
創作絵(カラー)が2枚と
ファンアートの刀に16枚です。

最近、ようやく重い腰を上げてCLIP STUDIOと向き合うことにしたので練習に刀の絵描いたりしてました。ペン画に合う塗り方探したいけど難しい。塗りはPhotoshopよりは大分塗りやすいかな。アナログとは違うのでそこがちょっと、言うこときかないなあという感じで大変です。色の選択は全く不得手で悩みます。

となりのあなたagain

昨年描いた漫画「となりのあなた」がコミックブリッジの月例賞で銅賞をいただきました。ありがとうございます。また色んな方に読んでいただけたら嬉しいなあと思います。投稿にあたって加筆修正していますので、良かったら覗いてやって下さい。
https://comic-walker.com/contents/detail/KDCW_CB01203172010000_68/

サムネイルとか、添える文章とか考えていただけてありがたいなあ。これはひとつの批評だなあという気持ちで眺めていました。自分の漫画の人物に言うのもなんですが、これからの人生が冒険のようにわくわくとしたものであってほしいなあと思います。

今回、わかりやすくするために男子をネクタイに変えたんですが、ジェンダーレス制服かかげておいて、そこでツメの甘さを発揮するであろうか?とちょっと思ったりもしつつではあります。でもそこでツメの甘さを発揮する学校…ありそうだな…というのもあります。男性的記号、女性的記号、難しいなあ。丘谷は男性的記号のものの方が落ち着くというか、自分に合ってる感じ。自己表現というべきか。本原にとって女性的記号は自己表現というよりは、自分の身体に相応しいものであってほしいというか、もうちょっと切実なものになります。女性であることの証明というべきか。そういうふうに考えていました。だからジェンダーレスでは駄目というか…。自分の想像力が、もし自分が…というところから抜け出せないな…。
これはどうでもいいんですが作中の呪文は入れ替わりという意味のラテン語をアナグラムして短くしたものだったと思います(ぼんやり)小学生向け雑誌の編集者がうんうん唸って、効果ありそうでなんかそれっぽいやつ…という感じに考えて決めたという設定。

さらにどうでもいいかもですが、私は社会的抑圧からくるジェンダーロールみたいなのめちゃくちゃ大嫌いなんですけど自己表現としてのジェンダーレスはしたい人がすればええんじゃなかろうかという立場です。とはいえ女性的記号も男性的記号も社会が作ってるんじゃないか?といったらそうなんだけど、説明がむずい。まあ選択肢は色々あって、色々選択できれば最高だね〜みたいな。そんな感じでしょうか。