Posted: 2019/07/27 | Author: | Filed under: 雑記 | も はコメントを受け付けていません。

先日、父方の祖母が亡くなりまして、祖父母はみんな旅立ってしまった。葬式はこれが5度目です。一度目は私はまだ小学生で、亡くなった方が私の名前の漢字を選んだということ以外はふんわり曖昧。ただ棺桶を覗かせてもらった時に、びっくりするようなオレンジ色の肌をしていたのを覚えています。
母方の祖父は私がよちよちの時にはもう亡くなっていたんだった。祖母のことは亡くなる少し前、病院で危篤状態のところへ駆けつけたことも随分苦しそうに呼吸していた顔もはっきり覚えているな。棺桶に似顔絵と手紙を入れたことも覚えてるし、骨を拾う時に、火葬場の方が丁寧に骨の説明をしてくださったのも覚えています。
父方の祖父母と会っていたの中学までくらいだったと思う。急にぱたっと年賀状が来なくなって、遊びに行っても会えなかったりしたんだった。それまでは毎年夏に田舎に帰るのが本当に楽しみだったな〜。うちの父は小豆島という香川県の島の生まれで、家も見慣れない日本家屋だったし、刀飾ってたり先祖のお写真並べてたりしてたから、異空間みたいで面白かった。父が描いた絵もでっかいやつ飾ってて、高校の時の絵、とかいって、エアブラシで着彩したカッコいい車とか、あと多分顔彩で描いたであろう二匹の龍の絵があった。従姉妹と絵を描いて遊ぶのが好きだった。ばあちゃんは髪がいつだって真っ黒だったけどしわくちゃの顔で元気でよく喋る人だった。じいちゃんはお酒がちょう好きで、うちの父がそこは受け継いでる。いっつも美味しいごはん食べさせてくれて、ばあちゃん料理上手だったね、と通夜終わった後に父ちゃんに言ったら、じいちゃん作だったらしい。逆にばあちゃんがめちゃくちゃ働いて家計を支えていたそうだ。何それカッコいい。

祖母との思い出は会えなくなって数年くらいはもっと沢山増えるだろうと思っていたんですが、認知症になってたんですね。亡くなるまでの10年くらい施設におって、会えなくなってそれっきりだった。だから、思い出がたくさんあるのは母方の祖母のほう。それでも、うちに遊びに来てくれた時に話したささやかな話とか一緒に食べたものとか覚えているものなので不思議です。印象深い人たちだった。

父は祖母と苦労して生活を支えてた思い出があって、はっきり祖父より祖母派と言い切ってしまう人だったので、そろそろ危ない、という話はしていたけど、いざお葬式で出棺の際には声出して泣いてました。その人にしかわからない故人との思い出があるのだな…と当たり前のことですがこういう場に出ると改めて思います。人と人の関係って宇宙みたいに広がっていくな。
私も誰かにとって多少思い出のある人間になりたいなあということもぼんやりと思ったりします。

そういえば従姉妹の娘たち息子たちが全然人見知りしなくて、いっぱい話してくれるんでちょっと仲良くなりました。またあそぼうね!って言ってもらったけど次はわかんないな。すまん。でもお互いに思い出になった…と思うと仲良くなれてめちゃくちゃありがたかったかもしれない。


絵更新

Posted: 2019/06/18 | Author: | Filed under: 更新, 雑記 | Tags: , , | 絵更新 はコメントを受け付けていません。

fanartに二枚。
ゼノサーガはU.R.T.V.週間です。久しぶりに父メインで。
その他の絵には映画「ハウス・ジャック・ビルト」の感想絵。

ラース・フォン・トリアーを熱心に追いかけているわけではないので、ファンが見れば意図のある映画なのかもしれませんが、私からすると本当に悪ノリのエンタメという感じで楽しめました。トリアーは「ダンサー・イン・ザ・ダーク」「ドッグヴィル」「メランコリア」しか見られていませんが、悪趣味なくらい美しい画面が時折見られて、それが結構乾いているのがすごく好きなんですけど、今回もそういう絵が随所にあって、目が結構満足できるうえに悪ノリっていう弾け方が良かった…なんかヤケクソっぽい感じもあったんですけど、画面が楽しく見られる。ジャックのクソすぎる殺人鬼ぶりも最高に良かった。故にオチが本当に笑える。いきなりの神曲とか、ギャグだったんだなって思っていいよね?金返せってTwitterで言ってる人がいましたが、正しい反応かつそれが楽しいよねという映画でした。前半から後半にかけての温度差をぶちこわすオチほんと良かったよ…。

ゼノサーガが発売した2002年からもう17年くらい経つと思うとちょっとどころじゃない驚きがあって、あと、当時から見てたよっていう海外の方からの反応も度々あるのにも驚く。他人の記憶に残る絵を描けていると思っていいのかな?嬉しいです。こないだの14年越しにメッセージくれた方とかね。ほんとありがとうございます。これからもそういう絵を描けるといいなあ。


ペンネーム変更のお知らせ

Posted: 2019/06/4 | Author: | Filed under: 雑記 | Tags: , , | ペンネーム変更のお知らせ はコメントを受け付けていません。

突然に!
ペンネーム変わりました。
やまぐちセリカ→ やまのせりか
でお願いします!まだ恥ずかしいな!困った。そのうち落ち着くでしょう。
やまぐちせりかっていうペンネームは私が姉ちゃんから小5の時につけてもらったペンネームで、もうずっと使ってるんで本名より定着してるんですが、なんかやっぱりちょっと照れるねんな…というのがありましてん。姉ちゃん、漫画に出てくるアイドルからとったって言ってたからせりかが一番あれかもしれん(世の中のせりかさんほんとごめんなさい)ただサインつくったら思いの外気に入ってしまい、せりかとや始まりの姓だけは固定させてもらって、Twitterでアンケートして決めました。名刺作り直さないとなあ。
セリカがせりかになってますが、セリカでもせりかでもせりこでもsericoでもせこむでもまあ大体大丈夫です。お気軽に呼んでやって下さい。

そしてこれも突然に↓2月の本のおまけの漫画です。ネットプリントに流してみたかったんですが、なんだかぼんやりしてる間に結構時間が経ってしまった。気合があればやるかもしれない。

Read the rest of this entry »

寄稿のお知らせ

Posted: 2019/05/13 | Author: | Filed under: 雑記 | Tags: , | 寄稿のお知らせ はコメントを受け付けていません。

なんだかあっという間に半年が終わることへのカウントダウン期へ入ってきたなという感じで、もう少しまめに更新したいなと思っていたのにこの体たらくです。お知らせがあったのですが、漏れていました。

5/6文学フリマ発行の「アラザル12号」に漫画を22p寄稿しました。
通販はこちら→https://arazaru.stores.jp/
(10号は佐藤亜紀さんのインタビューあるし、三上さんの連載がスタートするし、マストバイですぜ)

さて、アラザルというのは、批評家の佐々木敦さんの「批評家養成ギブス」講座受講生の有志が立ち上げた批評誌でして、今はもう企画が止まってしまいましたがゲーム企画「罪神」でお世話になった西田博至さんも受講生のひとりであり、そこの経由で知った雑誌です。
批評という字面だけでちょっとマイナスイメージがあったのですが、触れてみたらなんてことはない、いやあるんですけど、単なる作品に対する批判などでなく(こういう印象の方けっこう多いんじゃないかなという気がする、批評という言葉。私だけだったらなんかすまん)もちろんそこも抜きにはできないかもしれませんが、もっと別の、批評対象の作品の見方そのものをアップデートして、新しいものを得られる、みたいな、すごく面白いジャンルだということを知ることが出来た雑誌です。なんていうか批評を全く知らなかった私が入門できた(した)雑誌がこれなので、衝撃はかなりありましたし、眼の前開けたというか。批評というのはもしかしたら身近な存在かもしれない(美術誌、音楽誌、ゲーム誌もそうかも、コラムやレビューの面白さってあると思うけど、そこもっと深くつっこんでったような…)そういうのに気づかせてくれた雑誌。
で、声をかけていただきまして、今回、映画監督のポール・トーマス・アンダーソン監督の映画をネタに漫画を描かせていただきました。大好きな雑誌の中浮いてないといいですけど。西田さんの原稿もあって、一緒に載れたのはうれしいなあ。

私の漫画ですが、本当に不親切で、元ネタの映画を知ってないとなんだかなあな感じかもしれなくて、大人しく何をしようとしたかメモを残しておこうと思います。現代美術もキャプション抜きには作品として未完成だからええじゃんという気持ちで。

Read the rest of this entry »

閃華春大祭 東2019

Posted: 2019/02/28 | Author: | Filed under: 雑記 | Tags: , , , | 閃華春大祭 東2019 はコメントを受け付けていません。

参加していました。も〜勢いだけで申し込んでずっと原稿していて、ここでお知らせ全然できておりませんでした。もしどこかで情報を見て、スペースに遊びに来てくださっていた方がいらっしゃいましたら、本当にありがとうございました。

仕事上がりに夜行で行ったもんで、着くのが結構遅くなってしまい(7:30くらいだったんですが、サークル入場考えると普通に遅いね…)一般入場までに全然準備終わらなかったりして。あとめっちゃ早いこと買い物行ったりしてしまった。なので早くに来てくださった方いらっしゃったら本当にごめんなさい…。

新刊を手にとって下さった方々、ありがとうございました。差し入れ下さったり、声かけてもらったりすごく楽しかった…。今回もあっという間に終わってしまってかなり悲しい。刀剣もう一冊か二冊本を作りたいのでまた出ます。

以下新刊のことなど

Read the rest of this entry »

あけましておめでとうございます

Posted: 2019/01/2 | Author: | Filed under: 更新, 雑記 | Tags: , , | あけましておめでとうございます はコメントを受け付けていません。

今年もよろしくお願い致します。artworkに今年の年賀絵を追加しておきました。
今回、印刷用のデータをBOOTHにて販売していますので、よろしくどうぞ。使えそうでしたら使ってやって下さい。
BOOTH-2019年賀状@Salyut

印刷見本つくったりして。
ご購入いただくと2019年も絵がんばって描け的な応援の投げ銭にもなりますのでよろしくどうぞ〜。絵が絵なので、1月いっぱいで終了します。
らくがきとか溜めてデータ販売とかもやってみたい。今年は少しでも絵でごはん食べるための行動したいところです。なんか…漫画書く予定がもう結構決まってて今年も何もできなかったなみたいになりそうな気がしててこわ〜ですが!
色々こなしていきたいな〜〜〜〜!今年も絵見てくださ〜〜〜い!


2018年がもう終わる

Posted: 2018/12/27 | Author: | Filed under: 雑記 | Tags: , | 2018年がもう終わる はコメントを受け付けていません。

テンプレはいつものこちらをお借りしました。毎年進化録とは…な感じですが。

今年も終わってしまうので振り返りたいと思います。
今年すごい…全然ブログも書いてなかったし漫画も描けてないし一体私は何をしていたんだろう…?推しかぷは描いてた…みたいな虚無の一年だったんですが、その分多分めちゃくちゃ小旅行してて一年楽しかったな〜!という気持ちも結構あります。
1月は福岡と三島と東京に行きました。福岡には日本号とまだ見てないなというのでへし切長谷部を見に行って、三島もやっぱり刀剣乱舞絡みで遊びに行って。というかその時は西田博至さんと佐藤亜紀さんの対談を聞きに東京に行っていたんでした。2017年発行の批評誌アラザル10号に西田さんによる佐藤さんのインタビューが載って、そのイベントというなんかもう私的に大事件というか夢のような企画というか。大好きな批評家と大好きな小説家だもんな〜。すげえミーハーな気持ちで行ってしまった…。打ち上げにも参加させてもらって感無量でした酔っぱらいだったけど(あかん)西田さんにはいつか小説を書いてほしい…アラザル1/2で掲載されてた小説がほんと好きで、日記とかもそうですけど文体がめっちゃ好きなんやなと思いました。
それで、今年はアサダケイタさんの新作も出来上がって、今読んでいるところなんですけども。これがほんとすごく良いからみんな読んでくれ。「オズの国」という小説です。今読んでるところだとしても言ってしまう。読み出し、YAや児童小説を思わせるんですけど、どんどん内容がハードになっていってやっぱりケイタさんの小説だった…みたいになっておりました。色々な問題とか繊細な部分がたくさん出てくるんでそれがちくちくと積み重なっていくんですけど、いきなり丸太で殴られてガラスの破片の中に顔面から突っ込んでしまったみたいなふうに読みながらなってしまった…。

話がそれてしまった。
3月は京都へ友人と遊びに。5月はイベント行くのに東京へ。7月は友達の家に遊びに行ったり東京行ったり。9月は推しかぷ会をしに別府へ。これがほんとやばく楽しかったです。いつも推しかぷ関係でお世話になってるhogaさんたきさんと別府の旅館に素泊まりで引きこもって推しかぷの話とからくがきとかしまくるという会…こういう同人関係のお泊り会久しぶりだからすごい楽しかったし温泉も地獄めぐりも良かったです。10月は毎年恒例の家族旅行に行き、11月は刀関係で京都に遊びに行って、東京にも行きました。ルーベンスとか見た…ルーベンスは兵庫で2,3枚絵を見て急に好きになってしまった。とにかく人間の表情が豊かなところに惹かれてしまう。あと絵がうまい(当たり前なこといいますけど)

旅先で一人で飲み屋に入ると隣の人が話してくれたりして、今年はなんかそれも印象的でした。なかなか良い年のおっちゃんたちとかですけど、割と楽しく話聞いたりしてしまう。クラフトビールに去年くらいからハマっていて、ほんとクラフトビールはよく飲んだ思い出。

漫画、夏くらいからやってるのが全然進捗駄目ですっていう感じで、自分でもびっくりするくらい絵を描く気持ちのやり場がよくわからなくなった時とかもありました。2月のイベント突然申し込んだんで二足の草鞋でまた頑張って原稿すっかって感じなんですけど、このまま描かなくなったりすることもあるんだろうな…とかそういうこと考えたことも何度かありました(原稿してるしやりたい予定あるから描くんですけど)多分自信が落ちてた所為だろうと思うけど。

そんな感じの一年で。
また来年もよろしくお願いします。


色んなこと始めた

Posted: 2018/12/5 | Author: | Filed under: 更新, 雑記 | 色んなこと始めた はコメントを受け付けていません。

まって…前にブログ書いたのが夏だったことに結構衝撃を受けています。
絵とか溜めずに更新しよ〜とかどの口が言うねんというか…

更新というほど更新しておりませんが更新情報です。

・「Baby,after you」が完売致しましたので、サンプルを下げました。
ありがとうございました。エロ本になってたか不安〜って感じだったけどちゃんとエロ本だったよ!みたいなお声がけもいただくので良かった〜と思っています。

・過去の同人誌のPDFを配布するというサービスを始めてみました。
なんでこんなこと始めたのかといいますと、最近、本を買うのにすごくためらいがあって、まあ収納場所がないからなんですけど、日々募るはKindleへの憧れ…みたいな。それで、データがあったら、どうしても手放さなきゃいけない時に多少は辛くないとかあるよなあ…と思って、それで自分の本でそんな需要があるんだろうかと大分考えたんですけど、Twitterでそこそこ反応があったので始めてみたのでした。
めちゃくちゃアナログな申し込み方法なのですが、よろしければご利用下さい。


全部の同人誌に対応してなくてごめんよ…次の本出す時はPDFも一緒に用意できたらいいな。
本当はePubが理想だったんですけど、なんか上手に作れなかったんだ。

・Skebというサービスに登録してみました。
有償で絵のリクエストを受けるサービスで、割と海外でポピュラー?らしい、そういう話は聞いたことあるんですが、日本でも作ってくれた方がいらっしゃって、ちょっと合間みて描けたらなと。
https://skeb.jp/@serico_salyut
基本はモノクロのペン画(原画発送も考えてます)
カラーは苦手なので「デジタル・ベタ塗り・800x800pixくらいの印刷に耐えられない感じのサイズ」で良かったらリクエストしてやって下さい。二次創作は受付しようかと思ったけど知らないジャンルだと多分描けないなと思ったのと色々…で、創作のみ受付ます。
条件が合えば受けるという形でいかせていただきたく…!

よろしくどうぞ。


超閃華の刻2018お疲れ様でした!

Posted: 2018/05/6 | Author: | Filed under: 雑記 | Tags: , | 超閃華の刻2018お疲れ様でした! はコメントを受け付けていません。

5/3、超閃華の刻2018、当スペースにお越しいただいた方々、本を手にとって下さった方々、読んでくださった方々、差し入れくださった方々、お話してくださった方々、みなさま本当にありがとうございました!
今回はスペースを撮影してる余裕が全く無かったです。10:30開場と思ったら10:00なんだもんな〜。確認ちゃんとしなきゃ駄目ですね。
Read the rest of this entry »


2017年終わる

Posted: 2017/12/27 | Author: | Filed under: 雑記 | Tags: | 2017年終わる はコメントを受け付けていません。

もうあと数日で今年が終わってしまう…
いつもの振り返りです。(テンプレートはこちらからお借りしています)

今年いちばん良かったのは3H&Sの漫画を描けたことです。ほんと横道それて進められていなかったから出来上がって良かった。本当はもっと早く出来てるはずだったのですけど、上半期に延々とネームとかプロットやっていて、気づいたら夏になっててほんとに青ざめた。一年ってこんなに早く過ぎるんだなっていう2017年だったなあ。
漫画のノルマはどうなんだろうな。ずるいこと言うとネームと3H&Sの漫画で300はクリアできているんですけど、ネームと仕上げしか今年やってないから、また漫画の描き方忘れそう。それで今日ひさしぶりにネームやったら全然描けなくてうわーまんがむずかしいみたいになってます。とほほ。何事もバランスだ。
来年こそは花籠の続きを出したいなあと思います。これ毎年言ってるのやばい!目標は冬くらい…すごい弱気。

絵以外のことだと、今年はもう仕事の方が悲惨で、忙しいとかいうより、微妙に変わった環境に自分がついていけてなくてきつかった…来年はマシになっているといいけれど。何か全体的に自信をなくすことが多かった。良いことも多かったけれど。刀ステを観に行けたりとか(笑)いやそれだけじゃないです。今年はほんとすごい…びっくりするくらい人と飲みに行きました。ありがとうございます。これはほんとありがたいことだなあと思う。色んなお店や色んな場所に行けて楽しかったなあ。もっと会話が上手になりたいなあ。
来年はなんでもいいから前進したと思える年にしたい。
2018年もよろしくお願いします。